• 日本合板商業組合とは
  • イベント情報
  • トピックス
  • グリーン購入法認定について
  • 出荷証明書について
  • リンク
ホーム > グリーン購入法認定について

グリーン購入法認定について

グリーン購入法事業者認定

グリーン購入法について

グリーン購入法(平成12年5月31日法律第100号:正式名称「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」)は環境問題への対策の一環として平成13年4月から施行されました。

「グリーン購入」とは、製品やサービスを購入するさいに、購入の必要性を十分に考慮し、環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することを指します。グリーン購入法は、国の機関や都道府県・市区町村などの地方公共団体、企業、国民のそれぞれがグリーン購入することによって、環境配慮型の市場を拡大し、持続可能な社会づくりを推進することが、その狙いです。

現在、世界の森林は減少を続けており、地球規模の環境問題となっています。 その原因のひとつに、海外においてそれぞれの国の法令に違反して行われている森林の伐採があげられます。 違法伐採は、二酸化炭素の放出による地球温暖化の促進、生物多様性・森林生態系の損失といった直接の問題のみならず、適切な生産コストが支払われていない木材の流通により木材の市場価格が下がり、第三国における持続可能な森林経営も脅かすなど、地球環境に深刻な影響を及ぼしています。

政府は違法伐採問題への対策として、持続可能な森林経営から生産された合法的な木材の利用促進に供給・調達の両面から推進しています。

事業者認定規約

規約や違法伐採対策に関する自主的行動規範がご覧になれます。

申請・手続き

必要書類から申請の手続き、完了後の手続きまで詳しくご覧になれます。

申請書・証明書ダウンロード

認定を受けるための申込書・証明書、変更届などがダウンロードできます。

認定事業者リスト

各エリアごとに、グリーン購入法認定事業者をご覧いただけます。