• 日本合板商業組合とは
  • イベント情報
  • トピックス
  • グリーン購入法認定について
  • 出荷証明書について
  • リンク
ホーム > トピックス

トピックス

2011年

12月13日 吉田日合商理事長「旭日小綬章」叙勲祝賀会開催されました。
ホテルニューオータニにて、吉田理事長の秋の叙勲祝賀会が開催されました。麻生元総理大臣、皆川林野庁長官、井上日合連会長の祝辞の後、足立副理事長から記念品贈呈・乾杯を行い、約900名の出席者で和やかに祝賀会が行われました。
11月25日 関東4支部懇親ゴルフ大会を開催しました。
東京支部・神奈川支部・北関東支部・東関東支部で第26回懇親ゴルフ大会を開催いたしました。千葉カントリー倶楽部・野田コースにて、72名の参加で和やかに開催されました。
11月25日 福島支部研修会が実施されました。
福島支部では、母畑温泉八幡屋にて 林野庁渕上木材産業課長を講師として研修会を開催いたしました。出席者は県関係者を含めて61名でした。
11月23日 九州支部懇親ゴルフ大会が開催されました。
福岡カンツリー倶楽部・和白コースで、32名の参加にて開催されました。OUT/IN 午前10時04分にスタートし、ゴルフ場のあちらこちらから 「ナイスショット」「ナイスイン」の声が飛び交い、大変盛り上がりを見せていました。九州支部会員と商社・メーカー様との交流が深まり、大変有意義な時間となりました。
11月22日 中部日本支部研修会が実施されました。
中部日本支部では、名古屋国際会議場にて広瀬隆氏による「企業人が今すぐ知っておくべき原発とエネルギー問題の真相」の講演会を行いました。当日は出席者200名を超え真剣にエネルギー政策の行方を拝聴致しました。
お知らせ 11月22日 冬季の電力需要対策及び節電等へのご協力のお願いについて
林野庁長官よりピーク期間・時間帯による節電要請がありました。関西電力管内10%以上、九州電力管内5%以上、その他電力会社管内は生活・経済活動に支障がない範囲の節電要請があります。詳細を知りたい方は事務局まで資料要請をお願いします。
お知らせ 11月21日 下請事業者への配慮等について
農林水産大臣・経済産業大臣連名にて「下請代金法」及び「下請振興法」の法令遵守の徹底の要請がありました。組合員の皆様の実施徹底をお願い致します。
11月3日 当組合の吉田 繁 理事長が旭日小綬章を叙勲いたしました。
このたび、秋の叙勲に際し、当組合理事長 吉田繁が永年にわたり合板建材卸売業に携わるとともに、当組合をはじめとする関係団体の要職こあって業界の指導発展に尽くした功績により、旭日小綬章を叙勲いたしました。
11月2日 11月22日(火)日合商 中部日本支部「秋の研修会」参加者募集中!
中部日本支部では「秋の研修会」として、ノンフィクション作家の 広瀬 隆 氏による講演会を開催致します。
申込み・詳細については こちらからダウンロードできます。是非ご参加下さい。
お問い合わせ:中部日本支部事務局(株)ジツダヤまで
10月26日 第二回全国理事会を開催致しました。
全国第二回理事会が開催されました。議題は上半期事業報告と収支報告及び年間見込、各支部の理事総代推薦、第35回総代会開催、会勢強化について承認可決されました。 また東日本大震災の救援募金結果が報告されました。第三回理事会は平成24年3月23日午後1時30分開催となります。
10月26日 第一回合板需給懇談会を開催致しました。
平成23年第一回合板需給懇談会が林野庁から渕上木材産業課長以下3名、日合連から石川・内藤副会長以下9名が参加して行われました。林野庁から大震災後の対応と行政施策及び来年度概算要求の話がありました。また、日合連の各メーカーからは大震災後の状況と現状の生産販売状況の話がありました。
10月24日 中国支部・山陰支部にて研修会が実施されました。
山陰支部(地区支部)の研修会が、小林中国支部長出席のもと実施されました。講師古鉄詠一氏による「売上アップの為の企業の体質改善」の講演がありました。参加者約30名で研修後懇親会がありました。
10月5日 関西支部第三回理事会が開催されました。
関西支部第三回理事会が開催され、来年の支部総会開催日程、賀詞交歓会日程、懇親ゴルフ大会等の議案につきまして承認可決されました。
 (各日程はイベント情報を参照願います。)
9月28日 林野庁・第二回木材需給会議が開催されました。
平成23年度第二回木材需給会議が開催されました。東日本大震災後の木材の需給見通しが決められました。
9月16日 日合商東北支部総会と講演会が開催されました。
東日本大震災で順延となっていました、東北支部総会と、講演会・懇親会が開催されました。吉田理事長出席の下、議題は全て承認されました。総会後、渕上林野庁木材産業課長の「日本の森林再生と国産材利用の意義」と題して、放射能問題を含んだ対応等の講演がありました。約80名の参加者皆さんが拝聴し、有意義でした。
9月13日 日合商東関東支部総会及び講演会が開催されました。
東関東支部の総会及び講演会が開催されました。約60名の出席にて総会が開催され、議題は全て承認されました。総会後、岡野木材合板博物館館長による「木材の特性と利用ー知っておきたいことー」の講演がありました。その後、懇親会が開かれ大変盛り上がりました。
9月8日 林野庁・第二回合板需給予測委員会が開催されました。
平成23年度第二回合板需給予測会議が開催されました。平成23年の合板需要予測は6.3百万M3となりました。
9月1日 グリーン購入法に基づく合法木材・持続可能な木材事業者認定団体に対する講習会が開催されました。
グリーン購入法に基づく合法木材・持続可能な木材事業者認定団体の講習会が開催され、中央認定団体の日合商も参加いたしました。林野庁からは所管の小澤貿易振興室長が出席され、各団体から実例を踏まえ各種発表がありました。
8月25日 林野庁 第五回 緊急合板需給情報交換会が開催されました。
合板需給情報交換会が林野庁で開かれました。日合商からは、地域別合板需給を報告しました。東日本大震災の復旧・復興が進み、本交換会は第五回で終了いたしました。
お知らせ 7月29日 農林水産省から合板偽装証明書の注意喚起。
農林水産省から輸入合板の偽装証明書に対する注意喚起がありました。詳細は、こちらの農林水産省の 注意喚起のお願い をご参照お願します。
7月26日 日合商静岡支部の総会が開催されました。
森田支部長より挨拶で会勢強化の協力を話されました。総会は全議案満場一致で承認されました。その後、講演で(株)キーテック井上取締役が「公共建築物木造化に伴う地域材使用について」話されました。
7月14日 林野庁第四回緊急需給情報交換会が開催されました。
合板需給情報交換会が林野庁で開かれました。日合商からは、合板需給の状況と規格外の輸入合板の取扱の注意喚起を行いました。
7月12日 日合商新潟支部会が開催されました。
大塚支部長より支部強化の挨拶の後、総会が開催され全議案満場一致で承認されました。その後、大新合板工業(株)河野社長による「合板供給について」の講演があり、今後の合板需給動向が掴めました。
7月8日 日合商中国支部総会が開催されました。
第一部は支部総会を行い、小林支部長より来年の全国総会の抱負が発表されました。その後総会は全議案承認されました。第二部は渕上林野庁木材産業課長の講演があり、今後の行政の方向を話されました。
7月5日 日合商九州支部総会が開催されました。
総会は全議案全会一致で承認されました。総会後、日本サッカー協会評議員小嶺忠敏氏による「組織とスポーツ」と題してのセミナーがありました。 懇親会は越智副支部長の挨拶、新栄合板工業㈱尾崎社長の乾杯、手塚副支部長の中締めで無事終了いたしました。
6月27日 林野庁木材需給会議が開催されました。
平成23年度第一回木材需給会議が開催されました。
合板需給は震災後の仮需も改善され本年度は昨年並みの需給と報告されました。
6月24日 東日本大震災の救援募金を日本赤十字社に寄付しました。
東日本大震災の救援募金を理事長が日本赤十字社の近衛社長に寄付いたしました。
募金は合板建材業界3団体合計で1億34百万円でした。
6月24日 日合商北関東総会が開催されました。
日合商北関東支部総会が開催されました。
理事長が挨拶を行い、総会は全議案満場一致で承認されました。
6月22日 日合商関西支部第2回理事会が開催されました。
関西支部の第2回理事会が開催されました。議案は全て了承されました。
終了後、場所を替え情報交換会を行いました。
6月17日 日合商北陸支部総会が開催されました。
日合商北陸支部の総会が開催されました。総会で山田支部長から辻支部長に交替・承認されました。
総会後、渕上林野庁木材産業課長から「日本の森林再生と国産材利用の意義」の講演があり約140名が参加されました。
お知らせ 6月10日 平成22年度、「合法木材・取扱実績報告書」提出のお願い
事業者認定を受けられている事業者は平成22年度(H.22.4月~H.23.3月迄)の「合法性・持続可能性の証明された合板・木材・木材製品の取扱実績」報告書(様式4)を6月30日迄に本部へ提出をお願い致します。
尚、記入については、当組合ホームページ・グリーン購入法についての、『合法木材取扱実績報告記載上の留意事項について』をご参照下さい。
6月6日 林野庁合板需給予測委員会が開催されました。
林野庁、日合商、日合連、輸入協会にて平成23年度第一回合板需給予測委員会が開催されました。
平成23年度の合板需給見通しは前年度並みとなりました。
5月30日 林野庁第三回合板需給情報交換会開催
第三回合板需給の情報交換会が開かれ、日合商含み関係団体8団体が意見交換を行いました。日合商からは一部針葉樹合板の不足があるものの、需給は改善しつつあると発表いたしました。
5月19日 第34回日合商総会開催
第34回日合商総会が200名の参加をみて開催されました。物故者及び大震災犠牲者への黙祷、永年勤続社員の表彰及び総代会が開催されました。全議案が全会一致で承認されました。その後、太宰府天満宮 味酒禰宜による講演及び懇親会が盛会裡に終了いたしました。
5月19日 平成23年度日合商第一回理事会開催
日合商第一回全国理事会が開催されました。事業報告及び本年度事業計画を含め全7議案が全会一致で承認されました。
5月16日 平成23年度日合商東京支部役員会・総会開催
日合商東京支部の平成23年度第一回役員会が開催されました。事業報告及び本年度予算他全議案が全会一致で承認されました。 15時からは約100名の参加にて総会を開催し、全議案が承認されました。総会後、渕上林野庁木材産業課長から合板の大震災における対応を含めた講演があり、現況の把握ができ、大変有意義な講演会でした。
4月21日 日合商中部日本支部 第34回 総会・講演会開催
日合商中部日本支部の第34回総会が約120名の参加にて開催されました。議事は満場一致にて全て承認されました。
総会後、著名な防犯アナリスト梅本正行氏による「安心できない時代の生き方」の講演があり、全員防犯の知識と具体的な対処法を得ることが出来ました。
4月14日 日合商関西支部 第34回 総会・講演会開催
日合商関西支部の第34回関西支部の総会が100名を超える参加者をみて開催されました。議事はすべて満場一致で承認されました。なお、次回開催は大阪で決定致しました。
総会後、薬師寺管主山田法胤師の「こころを耕す」の題名で約1時間半のご講演を頂きました。
4月6日 日本経済新聞社記事についての抗議文を提出いたしました。
4月5日付、日本経済新聞社に掲載されました『国土交通省が住宅建材(特に合板)の買占めを販売業者に対し禁止する法律(買占め防止法)適用』との記事に対し、日合商は大変遺憾の旨の抗議文を国土交通省住宅局長宛提出いたしました。日合商は今後とも、冷静な対応と被災地の復興に努力いたします。
4月6日 北朝鮮との全面輸出入禁止措置等の継続について
4月5日付にて林野庁長官より北朝鮮とのすべての貨物の輸出入禁止等の措置が平成24年4月13日まで延長されたことの連絡がありました。
お知らせ 3月30日 合板・木材業界東北大地震救援募金について
日合商は日本合板工業組合連合会、日本木材輸入協会と業界三団体で、東北地方太平洋沖地震で被災された方々に救援募金を募ることと致しました。募金は日本赤十字社を受託先と致します。
振込先は、 みずほ銀行深川支店、口座番号(普)1882728
口座名義 「合板木材業界東北大地震救援募金」 
なお、振込手数料はご負担願います。募金された方は、日刊木材新聞に企業名が掲載され公表されます。(義援金申込要領につきましては日刊木材新聞社のホームページまたは日刊木材新聞をご参照下さい。お振込み後は、お振込確認の為、日刊木材新聞社あてへ振込通知書の FAX (03-3820-3518)をお願い致します。

お振込通知書(FAX用紙)はこちらを御利用下さい。 PDF (60KB)
3月28日 日合商が東北地方太平洋沖地震による要望書を国に行いました。
日合商は、林野庁に対し、①住宅資材の入手難より住宅完工遅れに伴うビルダー、工務店の資金難に対する対応、②被災地企業の経営・営業中断よる手形決済を伴う資金に対する早急な対応措置の要望を行いました。
3月25日 日合商大震災対策本部の設置について
日合商は「東北地方太平洋沖地震対策本部」を設置致しました。本部長を理事長、東日本地区と西日本地区に分け、東日本対策本部は足立副理事長のもと、初 専務理事、小野塚支部長、足立(雅)理事、西日本対策本部は中村副理事長のもと、湯浅支部長、井本支部長、丸 理事が対策委員として各地区と情報、対策を実施いたします。
3月25日 日合商緊急支部長会議について
3月25日日合商は東北地方太平洋沖地震の発生により、緊急に全国支部長会議を開催致しました。対策本部を設置し、国と協調して大震災の復興支援に取り組むこと、及び被災者に対する支援を行うことと致します。また、林野庁より緊急対策と協力の要請がありました。日合商として、①対策本部の設置②義援金の実施③復興資材の需給見込について協議し、決定致しました。
3月25日 住宅建設資材に係わる需給状況の緊急調査についてのお願い
林野庁より林野庁、国土交通省、経済産業省、環境省による「住宅建設資材に係わる需給状況の緊急調査」の依頼がありました。日合商全国理事44社にお願い致しました。提出期限は3月31日です。
3月24日 林野庁「緊急合板需給情報交換会」開催について
3月22日林野庁にて、日合商、日合連、木材輸入協会、木材総合情報センターと緊急合板需給情報連絡会が開催されました。日合商は合板の生産者からの継続的な供給に基づき、需要者へ安定供給を行っていくこととしました。
お知らせ 3月16日 林野庁主催「東北地方太平洋沖地震災害対策連絡会議」が開催されました。
3月15日林野庁にて「東北地方太平洋沖地震災害連絡対策会議」が関係団体を参集して行われました。 ①被災状況の把握②木材製品の需給及び価格の安定③現在の在庫状況及び供給可能量④供給量の増加対応⑤計画停電への協力につき討議され、関係団体から報告がなされました。当組合から冷静な対応、「買占め」・「売惜しみ」・「不当な価格の値上げ」の厳禁と「義援金募集」を報告致しました。
3月15日 東北関東大震災発生について
3月11日東北地区太平洋沖地震が発生し、当組合の関係者に甚大な被害が出ました。日合商として、被害者に哀悼の意を表すとともに被害に遭われた方々・企業にお見舞いを申し上げます。現在、義援金を含め被害者、被災者に向け業界一丸となって支援を検討しております。日合商会員の皆様に、冷静な対応と支援にご協力をお願い致します。
3月15日 東北関東大震災に関し、冷静な対応のお願い
日合商理事長より会員各位に対しまして、商品の買占め、売惜しみ、不当な価格の吊り上げ等を厳禁とし、組合員皆様のご協力をお願い致します。当面、当組合は復興支援を最優先とし、日本のいち早い回復を目指すことと致します。
3月15日 東北関東大震災の被害者に対する義援金について
東北地方太平洋沖地震の被害者に対する義援金につきまして、日合商会員の皆様にご協力をお願い致します。 現在関係団体と協議中で、詳細は後刻連絡いたします。
3月15日 日合商全国理事会中止について
3月25日(金)の日合商全国理事会(ホテルグランドパレス)を、東北関東大震災の影響により、中止を決定いたしました。 理事会の議決については、別途書面決議にて行うことと致しました。
3月15日 模範従業員表彰式中止について
3月15日(火)開催予定をしていた日合商東京支部他の模範従業員表彰式を中止いたしました。 対象模範従業員には各企業を通して後日、表彰状・記念品を送付致すことと致しました。
お知らせ 3月15日 林野庁からのお願い(被災地域に対する食糧等の緊急輸送のお願い)
3月15日林野庁から、東北・北関東への食糧等輸送車両の応援協力要請がありました。組合員で、車両及び運転手の方の(車両のみでも構いません)ご支援ができる方は、本部まで連絡をお願い致します。支援対象地域は青森、岩手、宮城、福島、茨城の各県です。
お知らせ 3月15日 林野庁からのお願い(計画停電・節電のお願い)
3月14日付にて、林野庁長官から当組合に対して、東北地方太平洋沖地震の影響で電力不足に基づく計画停電と節電の協力依頼が来ております。組合員の皆様には、電力供給の状況の理解と一層の節電のご協力をお願い致します。(周知徹底の依頼です。)
お知らせ 3月15日 日合商会員永年勤続従業員表彰者申請受付中!
5月19日(木)の日合商通常総会時に、組合員企業の永年勤続従業員表彰が行われます。 勤続10年以上の従業員の方が対象となりますが、20~30年勤続の永年従業員で未表彰の方も対象となります。申請書類は、送付済みです。また、申請・お問合せは日合商事務局までお願い致します。
2月8日 日合商関西支部第四回理事会が開催された。
日合商関西支部の平成22年度第四回理事会が大阪木材会館で開催されました。報告事項9件が報告され、議件4件は討議承認されました。
お知らせ 2月2日 林野庁よりお知らせ
林野庁より、公共建築物等の木材利用促進法に基づく「設計計画・設計基準」の具体例の情報提供がありました。最終とりまとめは2月24日の予定です。 詳しくは、国土交通省ホームページで「政策・仕事→官庁営繕→木材の活用→木造計画・設計基準」のサイトページで参照願います。
お知らせ 1月28日 住宅断熱材安定供給の協力依頼がありました。
林野庁次長、経済産業省製造産業局長連名にて住宅用断熱材の安定供給に対する協力依頼がありました。
内容は次の通りです。
①断熱材の受発注に当たって、物件の精査を徹底し、実需に基づく受注を行い建築工期の迫った物件から優先供給すること。
②特定の需要家に優先することなく、中小建設事業者に配慮し、公平な供給を図ること。
以上の周知徹底を要請されております。組合員皆様の徹底を願いします。
1月27日 日合商 長野支部・新潟支部合同の研修会を実施いたしました。
日合商 長野支部・新潟支部合同にて1泊2日の研修会を実施いたしました。20名の参加者があり、研修会は千葉・キーテック木更津工場での見学・研修と、より交流が深まった有意義な研修会となりました。
1月27日 日合商 北関東支部が講演会と新年会を開催いたしました。
日合商 北関東支部は、パレスホテル大宮にて約80名の出席があり、講演会と新年会を開催いたしました。講演会は林野庁・渕上木材産業課長から「林野庁行政の動向」を1時間ご講演頂き、その後、斉藤支部長のご挨拶がありました。新年会では、林野行政がかなり理解出来たとの話題に花が咲き、無事終了いたしました。
1月26日 日合商 東関東支部が新年会を開催いたしました。
日合商 東関東支部は、ホテルグリーンタワー幕張を会場として約100名の参加者にて、新年会を開催いたしました。中井支部長、理事長のご挨拶の後、恒例のアトラクションの抽選会もあり、大変盛り上がった中終了いたしました。
1月25日 日合商神奈川支部が総会及び新年会を開催いたしました。
日合商 神奈川支部はメルパルク横浜にて総会と新年会を開催いたしました。約70名の出席をみて、高橋支部長、来賓として理事長のご挨拶の後、総会は無事終了し、その後新年会は有効裡に終了いたしました。
1月21日 日合商東北支部が講演会と新年会を開催いたしました。
日合商 東北支部はホテルメトロポリタン仙台にて、講演会と新年会を開催いたしました。 講演会は国土交通省・橋本住宅生産課長から「国土交通省の住宅政策の動向について」の講演を約1時間半頂き、その後新年会が行われました。小野塚支部長のご挨拶の後、約100名の出席で行われました。『今年は良い年になりそうだ』と笑顔の内に終了しました。
1月19日 日合商中国支部が新年会を開催いたしました。
日合商中国支部はホテルリーガロイヤル広島にて新年会を開催いたしました。小林支部長以下ご挨拶があり、約100名の出席をみて友好裡に開催されました。
1月13日 日合商 北海道支部が新年会を開催いたしました。
日合商北海道支部は札幌パークホテルにて新年会を開催いたしました。八田支部長、理事長、足立副理事長のご挨拶の後、約70名の出席をみて、大雪が降る中、明るい希望をもって閉会いたしました。
1月12日 日合商 北陸支部が新年会を開催いたしました。
日合商北陸支部は、理事会と新年会をホテル日航金沢にて開催いたしました。北陸支部は東京支部からの独立の決定があり、また山田支部長のご挨拶の後、約100名の出席をもち新年を祝いました。
1月7日 日合商 東京支部他が新年賀詞交歓会を開催いたしました。
日合商東京支部は東京合板工業組合他、合同で新年賀詞交歓会をホテルグランドパレスにて開催いたしました。当日は日合商理事長、林野庁、都庁、日合連のご挨拶があり、出席者約700名にて『今年は良い年になる』ことを、全員が確信し終了いたしました。
1月6日 日合商 九州支部の新年会を開催いたしました。
日合商 九州支部は、ホテルセントラーザ博多にて新年会を開催いたしました。井本支部長、来賓のご挨拶があり約220名の参加をみて明るい話題が飛び交う中、無事に終了いたしました。
1月6日 日合商 中部日本支部の新年会を開催いたしました。
日合商 中部日本支部は、ウェスティンナゴヤキャッスルホテルにて新年会を開催いたしました。480名と大勢の参加者があり、今年にかける話題で大変盛り上がりました。
1月5日 日合商 関西支部で新年賀詞交歓会を開催いたしました。
日合商 関西支部は、リーガロイヤルホテル大阪にて新年賀詞交歓会を開催いたしました。 中村副理事長、湯浅関西支部長、竹下双日建材社長のご挨拶後、約330名の出席をみて、組合員・賛助会員の初顔合わせに、各種話題彷彿の賀詞交歓が行われました。